ゲストが楽しめる結婚式|結婚式場の人気プラン

欠かせないゲストの招待

招待状

出す意味を考える

結婚式を挙げるにあたっては、様々な準備が必要となります。その中の一つが、招待状の作成です。招待状は結婚式に招待するゲスト一人ひとりに送り、その返信はがきによって、結婚式出欠を確認するための重要なツールです。最近では節約志向が向上してきたこともあり、招待状を自分たちで自作するカップルが増えてきました。しかし、中には紙代の節約のために、招待状を送らずごく親しい家族や友人には、メールで日時の方向や出欠確認をするという人もいます。しかし、招待状は必ず送るべき大切なものです。結婚式は、二人だけのものではありません。祝福してくれるゲストがいて初めて成り立つものです。どんなに親しい間柄であっても正式に招待状を出し、きちんと返信はがきをもらう、という流れを経ることによって、義理を重んじることとなり、その後の関係を続けていくことが出来るのです。

作る際のポイント

招待状を自作する際には、基本的ないくつかのポイントがあります。まず基本的に記載する事項は、挨拶、名前、日時、場所です。挨拶は、そのときの季節に合わせたものにするのが好ましいと言われています。秋であれば、涼しくなって参りましたが、夏であれば、厳しい暑さが続きますが、などの言葉を入れることで、スムーズな文章になります。名前については、新郎新婦二人の名前を連盟で入れます。入籍済みの場合は、新婦の名前の後ろには、カッコで旧姓を入れておくのがベストです。場所と日時は、間違いのないよう正確に記載するようにしましょう。挙式の時間、披露宴の時間、二次会予定時間なども細かく記載しておくと分かりやすいものになります。このような基本事項を押さえ、誤字脱字に注意しながら慎重に招待状を作成しましょう。